僕は発展途上技術者

Control air conditioner from Scratch using IRKit

When Scratch cat hit the button, the air conditioner of my room is turned on. Nice isn't it?

(スクラッチキャットが画面の中のスイッチを押すと部屋のエアコンがオンになります。)





Scratch is a free visual programming language developed by MIT used by students, teachers, and parents to easily create games but can also control devices like I did.

(Scratch(スクラッチ)は無料で使えるビジュアルプログラミング環境、プログラミング教育向けに使われることが多いが、それだけに制限されることなく、このようにハードウェアをコントロールしたりすることもできます。)

I use IRKit, opensource infrared remote controller, to control the air conditioner and wrote a Ruby script(Let's call it Scratch2AC) to connect IRKit and Scratch using Scratch feature, Remote Sensors Protocol.

(エアコンを自動操作するのにオープンソースのリモコンコントローラー IRKit を使用しており、Scratch と IRKit をつなげるのに、Scratch の遠隔センサ接続機能を利用した ScratchAC(仮) という Ruby のプログラムを作りました。)

Using Broadcast block, Scratch sends a command to turn on the air conditioner to the Ruby script, Scratch2AC, then Scratch2AC sends a command to IRKit to send a infrared signal to the air conditioner.

(「送る」ブロックを使って、Scratch からエアコンをオンにする命令を Scratch2AC に送ると、Scratch2AC は IRKit に命令を送り、IRKit がエアコンをオンにするためのあらかじめ覚えこませておいた赤外線信号をエアコンに送るという仕組みです。)

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ