僕は発展途上技術者

F906i のウォーキングチェッカー(万歩計)を使ってみる

結論から言いますと、これ「かなりいい」です。


フリーランスで働く人にとって、「健康維持」はかなり重要。さらに三十半ばを越え、家族もありますから、以前より健康には気をつかい、スポーツクラブに通ったりといったことをするようになりました。


そんな僕にとって、F906i のウォーキングチェッカー、万歩計ですが、はかなりつぼにはまりました。


sany0011.jpg


こんな感じで今日何歩歩いたか、待ち受け画面に表示してくれます。


今日はまだ全然歩いてません。「ちょっと一駅余分に歩いてみようか」という気になります。


sany0012.jpg

↑ グラフ表示も


万歩計単体だと意識して常に持ち歩くようにしないといけないので、僕だと絶対長続きしないと思うのですが、携帯と一緒なら常に持ち歩くことができます。


そして携帯とくっついているから可能なのが、ネットと連携したサービス。


一万歩歩くごとに世界各地のクイズがメールで送られてきて、正解していくとプレゼントがもらえるという企画に参加することができます。


» 「@Fケータイ応援団」F906i発売記念企画 - AzbyClub 使いこなし : 富士通


sany0013.jpg

↑ 第一チェックポイント「東京のクイズ」


ほかにも、歩いた歩数に応じて東海道五十三次をバーチャルに巡ったりといった連携サービスがあるようです。


この連携サービス、毎日決まった時間帯にその日歩いた歩数を自動でメール送信することで実現しているようです。


実はこの自動メールのあて先を自由に変更でき、ためしに自分あてに送ってみたところ、以下のような感じのメールが届きました。



日付:2008/06/08
歩数:9555歩
カロリー:236kcal
累積歩数:22637歩
いきいき歩数:4848歩
いきいき累積歩数:5857歩
脂肪燃焼量:33グラム

これは、


メール受信 -> 歩数を抽出 -> ブログに貼り付け or グラフを作成 or Google Maps とマッシュアップなどなど


自分なりの万歩計連携アプリケーションを作ることができるということ。開発者心をくすぐられます。


FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!


プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ