僕は発展途上技術者

「竜馬がゆく」大河ドラマでやってくれないかなあ

と思ったら、1968年にやっていたのですね。


» 竜馬がゆく (NHK大河ドラマ) - Wikipedia


僕は小説とかの本を読むのが遅くて、「竜馬がゆく」全八巻をやっと読み終えたのですが、


» 富士の見える席 : 僕は発展途上技術者


で4月のエントリーで話題にしているから、約十ヶ月間もかかってしまった計算になります。


でも、それだけ存分に味わった感じです。これを読んで彼の功績を知ると、作者司馬遼太郎が作中何度も繰り返しているように、坂本龍馬は日本の歴史が生んだ奇跡だと思えます。


実際に会ったことのない人をあげるのは意味がないと思って、「あなたの尊敬する人物」のような質問に歴史上の偉人をあげることは今までなかったのですが、「坂本龍馬」が初めてそれに加わりました。


時間をおいてまたきっと読むと思います。


冒頭の「大河ドラマでまたやってくれないかなあ」という話題に戻ります。僕の中では、「新撰組!」で龍馬役を演じた江口洋介がしっくりきすぎていて、本を読んでいても頭の中に描いている竜馬は始終江口洋介だった。「篤姫」にでてきた、玉木宏の龍馬は綺麗すぎてちっともしっくりこない。というわけで「新撰組!」と同じになってしまうのですが、僕の希望は 脚本:三谷幸喜、竜馬:江口洋介で。


いつかやってくれないかなあ。



竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)



司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 850


おすすめ度の平均: 5.0

5 前向きになる
5 国民的名作第1巻、竜馬の青春
5 若い人の読んでもらいたい本
5 あなたは、このような日本人がいた事を誇りに思うだろう
5 極上のストーリー






プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ