僕は発展途上技術者

Ubuntu Hardy に ImageMagick と RMagick をインストールする

わかってしまえば超簡単なのですが、2時間近くはまってしまいました。


Slicehost 上の Ubuntu Hardy に ImageMagick と RMagick をインストールするには



% sudo aptitude update

% sudo aptitude install imagemagick libmagick9-dev

% sudo gem install rmagick


であっさり出来てしまうのですが、最初の sudo aptitude update をやっていなかったために、sudo gem install rmagick で



Building native extensions. This could take a while...

ERROR: Error installing rmagick:

ERROR: Failed to build gem native extension.


/usr/bin/ruby1.8 extconf.rb install rmagick

checking for Ruby version >= 1.8.2... yes

checking for cc... yes

checking for Magick-config... no

Can't install RMagick 2.9.1. Can't find Magick-config in /usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/X11R6/bin


というエラーに悩まされ、ああでもこうでもないと散々パッケージのインストール、アンインストールを繰り返してしまいました。


sudo aptitude update は、man の記述



Updates the list of available packages from the apt sources (this

is equivalent to "apt-get update")


の通り、aptitude でインストールするパッケージ情報を最新に更新するコマンドです。これまで特に更新しなくても問題が起こらなかったため、甘く見てました。今度からは aptitude install でなにかパッケージをインストールするときは、事前に必ず aptitude update をおこなうことにします。


aptitude update 超重要ということはもっと認識されるべきです。(どこにもあまり書かれてない)


あと、sudo aptitude install imagemagick libmagick9-dev がなにごともなく通っているように見えて、ImageMagick が正常にインストールされている、と勝手に思い込んでしまったことも問題がどこにあるかわからなくなってしまったことの原因。


ImageMagick がインストールされているかどうかは、



% which convert

/usr/bin/convert


で確認できるということが、インストールがうまくいった後わかりました。


プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Scratchで楽しく学ぶ アート&サイエンスRaspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Email: webmaster at champierre dot com

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ