僕は発展途上技術者

Joker Racer と行ったカリフォルニア

うーむ、題名が微妙なんですが、サイドフィード赤松さんの


» where2.0 2009 に参加した理由と感想 : a++ My RSS 管理人ブログ


にならい、Joker Racer と Where 2.0 の感想などを書きたいと思います。


» Joker Racer


僕はサイドフィードには所属しておらず、Joker Racer はいまのところサイドフィードのサイドプロジェクトという位置づけなので、以降の文章は僕個人の視点として受け止めていただきたいと思います。特に、赤松自身に対する記述は、あくまで個人として正直に感じたことを書いているだけであり、メンバーが代表を持ち上げるとか社員が社長を持ち上げているといった類のものではないので。。。(書くまでもないかなとも思ったのですが、まあ一応)


きっかけ


3月始め、赤松さんから、Joker Racer が Where 2.0 に出展することになったのでその準備を手伝ってくれないかというお誘いを受けました。


最初からターゲットを世界に置いていることに大きな魅力を感じ、そして「あとで行く」が「あとで読む」に対するオマージュであることからもうかがえるようにかねてからリスペクトしている赤松さんの誘い、ということもあって二つ返事でお手伝いさせていただくことになりました。


iPhone アプリ


Joker Racer をコントロールする iPhone アプリを開発できる、というのも大きな魅力の一つでした。


知識全くゼロからの開発でしたが、Erica Sadun 女史による iPhone デベロッパーズ クックブックかなぶん を開発していただいている id:Kanta さんに大いに助けていただき、なんとか Where 2.0 までにプロトタイプとよべるものが完成しました。


Where 2.0 で紹介されているほかのプロダクトでも、Web + iPhone という組み合わせが多く、うまくそのトレンドにはまっていたように思います。Nintendo コントローラーには操作性の上ではまだまだ及ばないのですが、「iPhone でも動く」ということはデモに来ている人たちの反応を見る限り、結構なインパクトを与えていたように思います。


ただ「え、これって App Store からダウンロードできる??」と聞かれることが多かったので、欲を言えば App Store からダウンロードできる状態にまで作り込んでおけばよかったかな。


偶然と努力



自分で書くのもなんですが、このプロジェクトは本当に強運で、いろんなことがなぜかすべてうまくいくのですw。

調子の悪かったマシンが本番の大舞台だけはシャキンと動いたり、今回の Launch Pad の発表の件しかり、結果的に良い方向になるということが多く、つまりは、なんでもポジティブに捕らえている状態なので、えっと、えっと、where2.0 もすばらしかったです(笑)。


と赤松さん自身、冒頭に紹介したエントリーに書いているのですが、その運をひきよせた裏には赤松さんと大森さんの大きな努力と、チャンスを最大限に生かそうとするどん欲さの両方があったということは、今回一緒にプロジェクトに関わることがなかったら知るよしもなかったでしょう。


Launch Pad のプレゼンでは、ご本人は謙遜しておられますが、英語で堂々とプレゼンをおこない、きっちり笑いと賞賛の拍手を獲得していました。赤松さんならクールにスマートに、練習なんてそこそこにさらっとあのくらいできてしまうのだろう、というのがいままでの僕のイメージでした。


そのかっこいいスーパーマンなイメージをひっぺがしてしまうようで、赤松さんには申し訳ないのですが、いやいや実はその裏には、何度も何度もストーリーを書き直し、暗記するためにホテルで繰り返し繰り返しリハーサルをされている赤松さんの姿があるのです。


僕の好きな言葉にルイ・パスツールの le hasard ne sourit qu'à l'esprit préparé というのがあります。「偶然(あるいはチャンス)は準備のない者に微笑(ほほえ)まない」と訳されることがあるのですが、まさにその通りのことが次々と起こっていったのを目の当たりにしました。


当然のごとく偶然とともに良い結果も努力をおこなった人のところにしか訪れないのだということも。。。



Joker Racer の楽しさ


プロトタイプのかなり初期の段階のものを触らせてもらったときにその楽しさを実感しました。遠隔のものをコントロールするというのは、たぶんそれだけで楽しいことなのですが、その対象との距離が遠くなれば遠くなるほどドキドキします。見えない場所、危険な場所、あるいは遠いどこか別の国にあっても操作できるのが、Joker Racer の楽しさなんじゃないかと思っています。


それを端的に表しているのが、以下の動画です。僕も会場を一周させてみたのですが、車がブースの裏側にまわり自分の視界から消えた瞬間から楽しさが一気に倍増するのです。(下の動画だと 1:40 あたりから)


Joker Racer はこれからも確実にどんどん楽しくなっていくと思います。


» Joker Racer



懐かしきカリフォルニア


さて、最後に Joker Racer からちょっと離れた個人的な話を。。。


2000年 - 2004年の間生活した後、帰国して以来初めてサンフランシスコベイエリアを訪れました。


Where 2.0 を終えたあと一日時間をもらい、勤めていた会社のオフィスを訪ねたり、その後転職した元同僚や友人の家を訪ねてまわりました。


僕の後任として呼んだ韓国人の同僚であり友人の奥さんは会計士の資格をとるべく主婦業のかたわらコミュニティカレッジに通っていたり、転職した元同僚は次のステップを考えて Bio Informatics の学位を Distance Learning (いわゆる通信教育)で取得中だったり、ジュエリーショップを購入して自分のビジネスを立ち上げつつある友人女性など、ここではだれもが前向きに一生懸命に努力して生きているのです。


また、仕事だけではない、ゴルフや BBQ の焼き方、庭で本格的に野菜を育てていたり、あるいはネイティブインディアンの美術に興味を持っていたりと、それぞれのやりたいこと好きなことに対してものすごい入れ込みようで、彼らの話を聞いて、カリフォルニアのあるいはアメリカ文化独特のエネルギーを注入された気がします。


かつて僕も持っていたものが、日本に帰ってきて生活するうちに、すこし忘れかけ、薄れていたのかもしれません。それを今回 Joker Racer に関わることで、また Where 2.0 のためにカリフォルニアを訪れたことで呼び覚ますことができたのはとても価値あることでした。


プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Scratchで楽しく学ぶ アート&サイエンスRaspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Email: webmaster at champierre dot com

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ