僕は発展途上技術者

ロボティックボール Sphero 2.0 が楽しすぎる

PV を見て思わず Amazon で衝動買いしてしまったロボティックボール Sphero 2.0 が楽しすぎる。

【日本正規代理店品】 Orbotix Sphero 2.0 white S003AS(JP)
Orbotix (2013-09-26)
売り上げランキング: 1,089


こちらがその PV です↓



Amazon で購入したら翌日には届きました。

ブルーのカバーも合わせて購入↓


こういうガジェットにありがちな英語の説明書一枚にテキトーな包装でくることを予想していたら、思いのほかちゃんとした立派な箱でびっくりしました。しかもちゃんと日本語化されている。説明書もちゃんと数ヶ国語に翻訳されている。充電器のコンセントに差す部分も、だいたいどこの国にも対応できるよう4パターンくらい用意されたアダプタをつける方式で、すでにいろんな国で販売されている様子が伺える。

こどももいるし、結構荒っぽい使い方をしたいと思ったのであわせてブルーのカバーも買ったのだが、自由に変えられる本体の色がわかりにくいので、あとになって透明なカバーにすれば良かったと後悔。

bluetooth 経由で iPhone や Android 専用のアプリからコントロールできる。うちは iPhone だが、セットアップは難なくできて、すぐに動かせるようになりました。

さっそく自宅近くの公園で遊ばせていたら、ワラワラこどもたちが寄ってきて、「これどこで買ったの?」「いくらするの?」の質問責め。本体は頑丈なので心配ないのだが、コントローラーとなる僕の iPhone 5S をこどもたちに貸していたら、もう興奮し過ぎてこどもたち同士の取り合いになりそうだったのでヒヤヒヤ。Sphero のコントローラー用には、耐衝撃カバーがついた古い iPhone を使ったほうが良さそうだと思いました。

PV にあるように完全防水で水の上でも走るので、風呂でも遊ばせることができる。どこか公園の池などで遊んでみたいのだが、電池切れ or 故障で動かなくなったときに、最悪取りに行けるような池というとそうなくて、まだ手頃な池がみつかっていない。

付属のジャンプ台でジャンプさせるのが、これまた楽しくて、iPhone 5S のスローモーションカメラで撮影しながら、息子たちと延々遊んでいます。





さらに、開発者にとってうれしいのは、API が公開されているため、いろいろとハックできるところ。さっそく Scratch でコントロールできるようにしてみました。



簡単に Sphero の動きをプログラミングできるので、自動操縦が思いのまま。

コントローラーのプログラムのscratch2spheroをgithubに公開し、詳細はSphero Advent Calendar 2013に登録した次のエントリーで紹介する予定です。

いやあ、こどもも大人もこれだけ楽しめるおもちゃはなかなかないです。いい買い物をしました。

【日本正規代理店品】 Orbotix Sphero 2.0 white S003AS(JP)
Orbotix (2013-09-26)
売り上げランキング: 1,089

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ