僕は発展途上技術者

Scratch 2.0 と Leap Motion をつなげてみました

追記


Experimental Extension の機能が使えなくなってしまったため、紹介している Scratch 2.0 plug-in for Leap Motion が動作しなくなってしまいました。

Scratch 2.0 に正式に外部機器拡張機能が追加されたら、また復活するかもしれません。

新たにまた何かわかったら、このブログに書こうと思います。

参考:
http://scratch.mit.edu/discuss/topic/17409/?page=1#post-155586

=========



Scratch Day のときに Scratch 1.4 と Leap Motion をつなげて LT をおこなったのですが、その後、Scratch 2.0 と Leap Motion をつなげることができる Scratch 2.0 plug-in for Leap Motion というプラグインを khanning さんという方が公開されていたので、実際に試してみました。

ちなみに、以下の動画は Scratch 1.4 と Leap Motion をつなげたときの動画。同じようなことが Scratch 2.0 でもできるようになります。



やりかたは拍子抜けするほど簡単。

1) まず、Scratch 2.0 plug-in for Leap Motion の Download からそれぞれの OS に対応した Scratch 2.0 plug-in for Leap Motion をダウンロードします。



上記の OS を示すアイコンをクリックしてダウンロード、インストールします。Java が必要と言われたら指示通りインストールします。

2) インストールした Scratch 2.0 plug-in for Leap Motion を起動します。



こんな感じのウィンドウが立ち上がります。

3) Leap Motion を PC につなげます。

4) khanning さんが用意したサンプルプロジェクトのうち、適当なものを起動します。

以上です。たぶんものの5分もかからないと思います。

Leap Motion に対応したプロジェクトを自分で作成するには、以下の通りです。

1) Scratch 2.0 plug-in for Leap Motion のページに用意されている LeapMotion.jsonをダウンロードします。

2) Scratch 2.0 でプロジェクトを作成します。

3) メニューの「ファイル」をシフトキーを押しながらクリックします。すると、「Import Experimental Extension」という隠しメニューが選べるようになるので、選択します。

さきほどダウンロードした LeapMotion.json を選びます。

すると、「その他」に Leap Motion 用のブロックが現れ、使えるようになります。



たとえば Hand-1 X のブロックで、ひとつめの手の x 座標が、Finger-1-Hand-1 Y のブロックで、ひとつめの手の一本目の指の y 座標が、それぞれ取得できるようになります。

試しに長男が作った弾よけゲームをリミックスして Leap Motion に対応させてみました。人差し指でメインキャラクターを動かせるようにしました。

» escapefromball with leapmotion

いやあ、これ、すごい楽しいです。Leap Motion を使ったプログラムがこれだけ手軽に作れるのは Scratch ならではです。

また Scratch 2.0 の Extension の機能はとてもスマート、いろいろと応用できそうです。

khanning さんに感謝。

Thank you very much for sharing this cool plugin.

カラフルスペシャル!ヒミツのこども地図

2013/10/2 追記



再放送が決まりました。

10月14日(祝)午前9:30~10:15
Eテレでの放送です。

=============

長男の masaishi が出るということで、楽しみにしていた「カラフルスペシャル!ヒミツのこども地図 」が放送されました。



「スクラッチ」を使ったプログラミングを通して、いつも放課後一緒に遊んでいる学校のお友達の「メガネ4」から、学校という境界を越えワークショップの OtOMO メンバーに、そして国境を越えて他の国のスクラッチユーザーにつながっていく、masaishi の世界が拡がっていく様子が丁寧に描かれていたと思います。

わずか10分ほどの時間の裏には、おそらく10時間以上、もしかすると20時間近くはあったんじゃないかという撮影時間と、10回近くはお会いしたディレクターの方との取材の量を知っているので、それを放送時間の中におさめるために凝縮するプロの技に感服してしまいました。

カットされてしまった部分は確かに残念ではあるけれども、制限の中でベストをつくす、機能は追加するのではなく削ぎ落とす、という僕がウェブサービスやアプリを作るときに見本と考えている 37signals の Getting Real や Apple の哲学に通じるものがあります。






masaishi の師匠である @abee2 先生が手放しで褒めるのもめずらしい。

masaishi がディレクターの方に初めて会った際に「スクラッチとプログラミングの楽しさをたくさんの人に伝えたい」と言っていた思いをちゃんと汲んでくれたディレクターさんや番組スタッフによるところが大きいと思います。

学童の楽しさだったり、祖父母に日本のことを知って貰いたいという思いや、震災前の元の場所に戻ってほしい、という他のこどもたちのそれぞれの思いも同じように伝わってきていました。

個性的で「カラフル」なこどもたちそれぞれの世界が感じられるスペシャル版でした。

これからの「カラフル」も楽しみにしています。

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ