僕は発展途上技術者

矯正を強制 その2

昨日から brace、あの銀ギラした歯列矯正用ブリッジ、をつけています。食べるのがおっくうです。


さて、どうして矯正を決心したか?について書いてみましょう。1)歯並びが悪いのが気になりだした 2)日本より安いから です。


まず 1) について。日本にいた時は歯並びが悪いのはさほど気になりませんでした。しかしアメリカでは歯並びが悪い人はあまり見かけません。皆子供の頃に直してしまうのです。ショックなのは、皆=ある程度の所得があって中流階級以上の皆、なのです。もっとわかりやすく言うと、まともな人は歯並びが悪くない、ということなのです。これだけでも十分理由になりそうですが、アメリカにかぶれた、ひよったな、と言われないためにいくつか他の理由を挙げておきましょう。


会社が入っている医療保険で全額カバーされるため、年2回は歯医者に行ってクリーニング、つまり歯の掃除をしてもらいます。これをやった後は歯がツルツルになります。そして歯と歯の間にはわずかな隙間があることを思い知らされます。つまりはそれまでは何かがずっと万年つまっているという状態だったのです。また、私は日本では全然知らなかったのですが、Dental Floss をすごく推奨されます。ワックスが縫ってある糸を歯と歯の間に通して掃除するのです。これを歯磨きの度にしろ、と歯医者に言われます。それもかなりしつこく。だから、自然と Floss が習慣になりました。そうするとクリーニングのあとに空いた歯と歯の間の隙間は維持されます。すると、私の並びの悪い歯の間にはしょっちゅう食べ物が挟まるようになり、すごく気になるようになりました。日本にいた頃はすでに万年雪のように歯と歯の間にたまった異物が、新たに食べものがはさまるのをブロックしていたのでしょう。なんとも汚い話です。そして不健康です。


とどめは最近通いだした新しい歯医者です。それまでの歯医者にも「矯正を考えてみては」とは言われていましたが、決心はつきませんでした。最近、妻のお友達が非常に強くお勧めしていた歯医者に変えたのですが、評判どおりとてもいい感じの方で、治療も非常に丁寧、とても信用しています。その歯医者にもやはり矯正を勧められました。「でも私の歳ではもう遅くないですか?」と私が言ったら、彼はニッと笑ったのです。その歯には、まぎれもなくあの銀ギラの矯正ワイヤーが。彼は私よりも5歳ほど年上ですが、身を持って「矯正は30代になっても遅くはないよ」ということを私に教えてくれたのです。そして彼が診てもらっている矯正歯科医を紹介してもらい、信用できる人の紹介は同じくらい信用できると思い、決心したのでした。


2)の日本より安いから、は特に説明はいりません。そのままです。本を読んだら、日本(東京と言ったほうがいいかな?)の相場はだいたい100万くらい、と書いてありました。私の場合は、保険で25%カバーされるので、総額6000ドル、自腹4500ドル。1$=\110とすると約50万円、半額でした。

追記(2013/06/23)

ビフォアーアフターの写真を貼っておきます。

Before

劇的ビフォーアフター(もう一枚ビフォーの写真)
劇的ビフォーアフター(もう一枚ビフォーの写真) posted by (C)ジュンヤ(Junya)

After

お待たせしました。劇的ビフォーアフター、アフターの部。
お待たせしました。劇的ビフォーアフター、アフターの部。 posted by (C)ジュンヤ(Junya)


矯正を強制


弟の日記ページのタイトルがいつも駄洒落で、それを読んだ直後にこの日記を書いたため、伝染ってしまいました。すいません。


歯の矯正を始めました。歯のレントゲンを撮って、待合室の壁に貼ってある使用前使用後の写真達(ほとんど子供)に仲間入りするであろう、私の使用前の写真を撮る。その後、歯型をとるためにグレープ味のペースト状のでっかいガムみたいのを噛まされる。でかいマウスピースといった具合か。下の歯までは良かったのだが、上の歯の歯型をとるときに、えずいてえずいて死ぬかと思った。涙が膨大に出てきてしまってなんとも格好悪い。格好悪いのの照れ隠しに、「えずくって英語で何て言うの?」と聞いたら、「ギャグリーフレックスだ」と教えてくれた。ギャグリーフレックス?どんな綴りだ?と思って電子辞書で「えずく」と引いても該当なし。ほぼどんな英単語も載っていると評判の「英辞郎」(http://www.alc.co.jp)にさえも見つからない。意地になって調べあげ、見つけた答えが gag reflex。ギャグ・リフレックスとギャグで切るというわけでした。英辞郎で逆引きすると、絞扼反射{こうやく はんしゃ}という和訳が出てきた。こんな言葉は知らないよ。


さて、これで終わりかと思ったら、次回予定されていたスペーサーと呼ばれる歯と歯の間に鋏むゴムを差し込む作業を今日やってしまい、1日分のアポイントメントを浮かさないか、ということなので続けてその作業に入る。上下の奥歯、片側2個ずつ計8個の小さいゴムを奥歯と奥歯に差し込む。これがとてもとても調子が悪い。常時食べ物のかすが奥歯に挟まっているような状態なのだ。でもこれが矯正期間中一番つらいという話もある、と読んだ本に書いてあったので、そう考えればなんとか我慢できる。これで歯と歯の隙間を空けておき、いよいよ1週間後にブレースというあの銀ギラの針金を付けるのだそうだ。


どうして矯正を決心したか?アメリカの矯正に対する考え方、どのくらい安いか、といった話題についてはまたの機会に。



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ