僕は発展途上技術者

調布市民のためのMastodon「チョウフドン」で位置情報付きの発言(トゥート)をできるようにしました

引き続き、一部で盛り上がっている Mastodon ネタを。

調布市民のためのMastodon「チョウフドン」で位置情報付きの発言(トゥート)をできるようにしました。

» 調布市民のためのMastodon「チョウフドン」

「チョウフドン」で発言するときに、公開範囲(地球のアイコン)をクリックして、「公開(位置情報付き)」を選ぶと発言に位置情報が付きます。

公開範囲

公開(位置情報付き)を選んで、トゥートすると。。。

地図付きToot

自分の発言に地図が付きます。

通常の発言には位置情報は付きません。自宅から発言すると、家がバレてしまうので、気をつけて使ってください。

さて、Mastodonはこのように、改変すれば様々な独自機能を追加できるのが魅力なのですが、悪用することもできてしまいます。

しかし、Mastodonのソースのライセンスは、AGPLというライセンスです。昨日参加した「マストドン会議」で登壇した江添氏のお話で知ったのですが、以下にあるとおりマストドンを変更したソフトウェアのソースコードをサーバーで動かしている場合でもユーザーに公開しなければならないのです。これにより、いくらかはこの悪用を防ぐことができるのかもしれません。

「AGPLはGPLと非互換なライセンスで、サーバーに対しても適用される。AGPLなソフトウェアをサーバー上で動かして、それによってサーバーが提供するサービスの利用者には、AGPLに従ってサーバーで動くソフトウェアを自由にしなければならない。つまりユーザーに対してソースコードを公開しなければならないし、その気になればユーザーが全く同じ互換サーバーを立ち上げることも可能になる。

マストドンのライセンスはAGPLである。

[本の虫: マストドン会議で技術と自由を語る](https://cpplover.blogspot.jp/2017/04/blog-post_29.html)

まだReactがよくわかっていないでスピード重視で実装したので、見苦しいコードではあるのですが、AGPLが定める通り、「チョウフドン」のソースコードを以下に公開します。

» 位置情報付きToot by champierre · Pull Request #1 · champierre/mastodon

位置情報付きトゥートを試してみたい方は、調布市民以外にも門戸は開いていますので、「チョウフドン」を使ってみてください。

東京都調布市在住者・勤務者など向けMastodon「チョウフドン」を立ち上げました

ここ数日で急速に話題が広がっているMastodon。既に1週間ほど出遅れた感じはありますが、オープンソースで誰でも自由にインスタンスを作ることができるってことで、何はともあれ自分のインスタンスを建ててみました。

その名も「ヨミドン」!

読谷村向けMastodon「ヨミドン」立ち上げてみた

まちクエストを一緒にやっているogaworksが、地元沖縄県読谷村のインスタンスを立ち上げた、ということで僕も真似して、調布市のインスタンス

» chofudon.tokyo - チョウフドン

を立ち上げてみました。

Chofudon

なんとなく、地域コミュニティのSNSとしても使えるんじゃないかな?って気もするので、とりあえず自分はこのヨミドンインスタンスで読谷村に関する情報をゆるくポストしていってみようかなと思います。

おすすめのスポットや開催中のイベントなど、地域の情報こそリアルタイムな情報が欲しいのですよね。

小規模で独自なTwitterライクなSNSサービスを運営することができるMastodonは、実は地域コミュニティとの相性がとてもいいのではないかと思いました。

ユーザーが調布市関係者だけであれば、見ず知らずの人の発言が流れるローカルタイムラインであっても、どの発言にも興味深い情報が含まれるんじゃないかと。

Mastodonには、まだ位置情報付きの発言をする機能はないが、chofudon.tokyo - チョウフドンでカスタマイズして、その機能を先行して実装し、地図に表示するといった機能も提供したら便利そう。

というわけで、調布市在住者・通学者・勤務者、あるいは調布市が好きな方、お気軽にご参加ください。

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ