僕は発展途上技術者

スクラッチからSpheroをブログラミングできるScratch2Spheroを改良しました

昨日に引き続き Sphero Advent Calendar 2013 の4日目のエントリーです。

スクラッチからSpheroをブログラミングできるScratch2Spheroを改良しました。

» https://github.com/champierre/scratch2sphero

Scratch2Sphero が何か?については、

» Sphero を Scratch(スクラッチ)から動かせるようにしたのでこどもでもプログラミングできるよ

を参照してください。

Scratch2Sphero を使うことにより、スクラッチから forward/backward/right/left の4つの命令を送って Sphero を動かせるようにしたわけだが、この方法は LOGO の流れを組むスクラッチらしからぬ方法。

LOGO に関する Wikipedia の記述に詳しいが、自分が主体となって前方に動いたり、△度回転するという考え方のほうがこどもにとってはわかりやすい。

スクラッチのネコを動かす、「◯歩動く」「△度回す」にならい、move と turn の2つの命令で動かせるようにしました。◯歩の部分は steps という変数(10, 20, 30... のように 10 刻み)で、△度の部分は degrees という変数(0から359)で指定します。

たとえば四角形を描くように Sphero を動かすには「10歩すすんで90度回る、10歩すすんで90度回る、10歩すすんで90度回る、10歩すすんで90度回る」でいけるので、以下のようなスクリプトになります。



では、三角形を描くように動かすにはどうすればいいでしょうか?これ大人は結構ひっかかる。何も知らない子どものほうが難なくできる問題なのです。

答えが気になる方は、Sphero を実際に動かしてみるか、持ってない方はスクラッチのネコに描かせて確かめてみましょう。

【日本正規代理店品】 Orbotix Sphero 2.0 white S003AS(JP)
Orbotix (2013-09-26)
売り上げランキング: 1,089

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ