僕は発展途上技術者

スクラッチからツイートするよ - Scratch(スクラッチ)を外部のプログラムなどとつなぐ「遠隔センサー接続」を解説する(その5)

Scratch Advent Calender 9日目は、3日目に書いた「Scratch(スクラッチ)を外部のプログラムなどとつなぐ「遠隔センサー接続」を解説する(その4)」の続きになります。

シリーズ全エントリーはこちら↓

» Scratch(スクラッチ)を外部のプログラムなどとつなぐ「遠隔センサー接続」を解説する(その1)

» Scratch(スクラッチ)を外部のプログラムなどとつなぐ「遠隔センサー接続」を解説する(その2)

» Scratch(スクラッチ)を外部のプログラムなどとつなぐ「遠隔センサー接続」を解説する(その3)

» Scratch(スクラッチ)を外部のプログラムなどとつなぐ「遠隔センサー接続」を解説する(その4)

» Scratch(スクラッチ)を外部のプログラムなどI とつなぐ「遠隔センサー接続」を解説する(その5)


その1からその4までに解説した方法を使い、Ruby とスクラッチを連携させて、スクラッチだけではできないことを実現してみたいと思います。

Twitterにつぶやく



スクラッチからTwitterにつぶやいてみましょう。

まずは Ruby だけでTwitterにつぶやくプログラムを書いてみます。

こんな感じです↓



上記プログラムを実行するには、


gem install twitter


で twitter gem をインストールしておく必要があります。

また、Application Consumer Key (API Key) などの各設定値は、自分のものに書き換えてください。

各設定値は Twitter にアプリケーションを登録して取得する必要があります。

取得する方法は、

» Twitter(Gem) - 逆引きRuby

などで調べて下さい。

スクラッチからTwitterにつぶやく



スクラッチから命令を送ったらつぶやくようにするには、その2で解説した方法で、スクラッチから Tweet という命令を Ruby に送るようにし、Ruby 側でこの命令を受け取ったら、つぶやく部分を実行するようにします。

プログラムはこんな感じになります↓



実際に実行してみましょう。



スクラッチから Tweet という命令を送ったら「こんにちは」とつぶやくことができました。

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ