僕は発展途上技術者

矯正を強制


弟の日記ページのタイトルがいつも駄洒落で、それを読んだ直後にこの日記を書いたため、伝染ってしまいました。すいません。


歯の矯正を始めました。歯のレントゲンを撮って、待合室の壁に貼ってある使用前使用後の写真達(ほとんど子供)に仲間入りするであろう、私の使用前の写真を撮る。その後、歯型をとるためにグレープ味のペースト状のでっかいガムみたいのを噛まされる。でかいマウスピースといった具合か。下の歯までは良かったのだが、上の歯の歯型をとるときに、えずいてえずいて死ぬかと思った。涙が膨大に出てきてしまってなんとも格好悪い。格好悪いのの照れ隠しに、「えずくって英語で何て言うの?」と聞いたら、「ギャグリーフレックスだ」と教えてくれた。ギャグリーフレックス?どんな綴りだ?と思って電子辞書で「えずく」と引いても該当なし。ほぼどんな英単語も載っていると評判の「英辞郎」(http://www.alc.co.jp)にさえも見つからない。意地になって調べあげ、見つけた答えが gag reflex。ギャグ・リフレックスとギャグで切るというわけでした。英辞郎で逆引きすると、絞扼反射{こうやく はんしゃ}という和訳が出てきた。こんな言葉は知らないよ。


さて、これで終わりかと思ったら、次回予定されていたスペーサーと呼ばれる歯と歯の間に鋏むゴムを差し込む作業を今日やってしまい、1日分のアポイントメントを浮かさないか、ということなので続けてその作業に入る。上下の奥歯、片側2個ずつ計8個の小さいゴムを奥歯と奥歯に差し込む。これがとてもとても調子が悪い。常時食べ物のかすが奥歯に挟まっているような状態なのだ。でもこれが矯正期間中一番つらいという話もある、と読んだ本に書いてあったので、そう考えればなんとか我慢できる。これで歯と歯の隙間を空けておき、いよいよ1週間後にブレースというあの銀ギラの針金を付けるのだそうだ。


どうして矯正を決心したか?アメリカの矯正に対する考え方、どのくらい安いか、といった話題についてはまたの機会に。



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Scratchで楽しく学ぶ アート&サイエンスRaspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Email: webmaster at champierre dot com

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ