僕は発展途上技術者

Rack で作るジブン Web フレームワーク(1)

以下の方を対象読者としています。

  • Ruby は少しわかる
  • ファイルやフォルダを作ることができる
  • Web はあまりわからない

Rack の厳密な説明は他にゆずるとして、とりあえず Rack とは、それを使って Web フレームワークを作ることができるものと覚えておいてください。

さっそく使ってみましょう。

Rack は gem のライブラリとしてインストールできます。以下のコマンドでインストールします。

$ gem install rack

Rack を使って Web フレームワークを作るには、以下の2つのファイルが必要です。

config.ru

require './app.rb' # 同じフォルダ内の app.rb を読み込みます。
run App.new # 読み込んだ app.rb で定義されている App のインスタンスを作成します。

app.rb

class App
  def call(env) # Rack ではこの call というメソッドを定義するのがルールです。
    [
      200, # 返す HTTP ステータスコード
      {'Content-Type' => 'text/html;charset=utf-8'}, # コンテンツのタイプ。HTML で文字コードは utf-8 です、と宣言しています。
      ['<html><body>Hello</body></html>'] # コンテンツの中身
    ]
  end
end

上記2つのファイルがあるフォルダから以下のコマンドで rack を起動します。

$ rackup

ブラウザを起動し、http://localhost:9292 にアクセスしてください。

以下のように Hello(App で定義したコンテンツの中身) と表示されたら成功です。

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Scratchで楽しく学ぶ アート&サイエンスRaspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Email: webmaster at champierre dot com

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ