僕は発展途上技術者

英語の名前を漢字に変換してしまう Kanji Fandom

詳細はのちほど、と書いておきながら、一日空けてしまいました。


アメリカで生活していた頃、同僚や友達から「自分の名前を漢字で書いたらどうなるの?」と聞かれたことが何度かありました。無理矢理あて字で書いてあげると喜ばれたものです。


Kanji Fandom は、そんな外国人の「自分の名前を漢字で書いたらどうなるの?」に答える Web サービスです。


» Kanji Fandom


運営は着うた検索「着リク」などの携帯電話用サイトを開発・運営しているビースリー・ユナイテッド


コーポレートサイトのブログリレーを見るとわかるのですが、事業化したいアイデアが豊富で、「英語名を漢字に変換する」というアイデアもそのひとつ。


変換のエンジン部分は株式会社ソフトカルチャー代表の酒井氏が Ruby で開発、サイトを僕が Ruby on Rails で開発しました。


使いかたは簡単。英語の名前を入力して、Kanji It! ボタンを押すと変換候補が並ぶので、お気に入りの漢字を組み合わせて漢字名を作ります。


kanji.jpg


作った漢字をクリックすると、次の画面ではフォントの種類や大きさ、フォントの色と背景の色などをいろいろ変えた画像を作成することができます。


kanji2.jpg


気に入った漢字にはコメントを残したり★で評価することができますし、これはおもに日本人向けですが、変換結果が気に入らなければ、Post new Kanji の部分から新しい変換候補を提案することもできるようになっています。


海外にお友達がいる方は、お友達の名前を漢字に変換してみて、紹介してみてはどうでしょう。


いまのところ、英語の名前がメインで変換辞書に登録されています。


プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ