僕は発展途上技術者

プログラマーがてっとり早く検索スキルを上げる方法

タイトルでは「プログラマーが。。」としているけれど、海外の情報を積極的に活用する立場にある人すべてに言えることだと思う。

プログラマーのスキルのひとつとして、検索して解決方法をみつける、というのはいまや超重要。その検索スキルを簡単に手早くレベルアップさせるのが、「英語のキーワードで検索すること」だと思っている。

技術情報のほとんどが英語で発信されており、日本語の情報はそれをなぞっただけのものであったり、単なる翻訳に過ぎないことが多い。日本語で検索してヒットした情報だけでは不十分で、結局英語で検索し直してより広範囲かつ詳細な情報を探すことが多い。日本語でみつけた情報の原文がヒットし、読んでみたら、翻訳が全然間違っていたなんてケースもある。

そうなってくると、技術的な情報が欲しいときには、検索結果には英語の情報だけが表示されて欲しくて、日本語の情報は邪魔なので表示されて欲しくない。「英語のキーワードで検索すること」というのは、「Google 日本語版で英語のキーワードで検索する」ことではなくて、「Google 英語版で英語のキーワードで検索する」ことなのです。

もちろん日本語の情報が欲しい時、たとえば「近くでおいしいところはないかなあ」なんていうときは Google 日本語版で検索するのは当たり前だ。技術情報でも日本語特有の問題(たとえば文字化け)を調べるときも Google 日本語版で検索する。

Google 英語版と Google 日本語版を切り替えて使いこなす必要があるのだけれど、これが意外と簡単にできなかったりする。普段 Google 日本語版を使っていれば、http://google.co.jp でなく http://google.com にアクセスしても Google 日本語版に飛ばされてしまう。

僕は Chrome のアドレスバーにキーワードを登録する方法で、この切り替えを実現していてそれについては次のエントリー

» Chrome で、Google 日本語版と英語版を素早く検索する方法、およびその他の便利な検索ワザ

で紹介しています。Chrome 以外のブラウザを使っている場合は、同じようなことを実現する方法があるはずなので調べていただきたい。

ここで言いたかったのは、技術情報を検索するときは「Google 英語版で英語のキーワードで検索する」ということでした。

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Scratchで楽しく学ぶ アート&サイエンスRaspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Email: webmaster at champierre dot com

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ