僕は発展途上技術者

いまさらパズドラをやってみて、そして1時間でやめた

いまさらながら、iPhone アプリではやっているらしい「パスドラ」をやってみた。

» 私がパズドラで遊ばなくなった理由 - もとまか日記

で挙げられている遊ばなくなった理由がはっきりとしなかったので、自分で試して確かめてみたいというのが理由。

さすがに人気があるだけあって、僕が以前ちょっとやってみたソーシャルゲームにありがちな単にタップするだけの単調なバトルとは違って、パズルを組み合わせたバトルは若干のゲーム性があり、バトルのエフェクトだったり効果音などはきっちり作られていて操作していて気持ちがいい。

が、知らない人のモンスター(序盤だからか自分のモンスターよりも段違いに強い)を仲間で連れて行き、その仲間のモンスターにばかり攻撃させていれば、序盤のノーマルのステージではまったくこちらがやられることはない。なんか飽き始めてきたので、ちょっとスペシャルステージを覗いてみたところあえなくやられてゲームオーバー。

そこで、冒頭で紹介したエントリーにでてくる、魔法石(App Store で1個85円で買える)を使わないとコンティニューできませんよ、という画面がでてきて、納得。

「パズドラ」含め、ソーシャルゲーム全般に自分が感じる違和感は、それをクリアする(クリアするという概念があるのかわからないが。。)のにいったいいくらお金がかかるのかがわからない点だとあらためて確認した。

パズドラが普通のゲームとして人気があり、800円とか1200円でダウンロードできるゲームだったとしたら僕は買うかもしれない。なぜなら、800円とか1200円以上はもう払わなくて良いという安心感がある。

コンティニューで85円は序の口で、ゲームが進んでいくうちに、魔法石5個とか10個必要ですよ、といった仕掛けが用意されているかもしれない。今後果たしていくらかかるかというところが未知数なので、最初は無料だとしてもトータルでいったいいくらなんだという点が見えない。

こどもたちがソーシャルゲームをやりたい、ともし言い出したら、そのあたりをちゃんとわかりやすく説明して、クオリティも料金も確定している他のゲームをやらせることにする。

というわけで、僕も静かにホームボタンを押してパズドラを閉じ、ブルブル震わせて削除した。

プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ