僕は発展途上技術者

アカデミーヒルズのカフェ貸切時間を Google Calendar に表示

六本木ヒルズにある会員制の図書館、アカデミーヒルズを利用している。


» アカデミーヒルズ


コミュニティメンバー



  • 入会金:10,500円(税込)

  • 月会費:9,450円(税込) ※年一括の場合は105,000円(税込)


という、さすがヒルズとビビるお値段だが、実は僕のようにノートパソコンさえあればどこでも職場にできる人にとっては結構お得。


7:00から0:00まで利用でき、無線LAN完備、打ち合わせも可能なカフェスペースがあるので、僕にとってはいわば家賃9,450円の一人オフィス。しかも眺め最高です。


メンバーと一緒なら通常2000円のワンデーチケットが1000円なので、ゲストを呼んで、打ち合わせスペースとしても利用できます。


ただ、たまにカフェスペースが貸切になっていて、知らずに行ってしまい、しまったーという思いをしたことがある。


Web サイトをチェックすればいい話なのだが、予定を立てるときにいちいちサイトを見るのも面倒。


そこでカフェ貸切時間を iCal 形式にして Google Calendar に表示するようにしてみました。


表示のさせ方は簡単。


Google Calendar の左下メニューで追加 > URLで追加 を選択。


ical.png


公開カレンダーのURLのところに以下のように



を入力し「追加」ボタンを押せば、


ical2.png


こんな感じ↓ に貸し切りの時間帯が表示されるようになります。(日本語だといろいろ問題が起こるので、表示は英語にしました)


ical4.png


たぶん Google Calendar とか好きそうな他のメンバーの方でも利用できるよう、運営している「あとで行く」に間借りして公開しておきます。


» あとで行く - 行きたい場所を簡単登録、もう忘れない


iCal 形式が認識できるアプリケーションなら、実は何でも使えます。Mac の iCal とか。


iCal 形式に吐き出し、Google Calendar に読み込ませるのはそんなに難しくないだろうと甘く見ていたのだが、結構はまった。


以下の記事を参考にさせてもらいました。


» Miles Barr » Blog Archive » icalendar and Rails

» RubyでiCalendarを利用する - What is Normal 〜 もはや普通がわからない 〜


プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ