僕は発展途上技術者

サインはローマ字?漢字? Birth Certificate の話


海外在住日記:二人目の子供が先月産まれた。アメリカで産まれた子供は自動的にアメリカ国籍を取得する。同時に日本人の子供として産まれたわけだから日本国籍も取得できる。日本国籍の申請のためには、アメリカの出生証明書 Bith Certificate が必要となるので、その写し(Certified Copy)を今日取りに行った。


友人 id:Tom日記に、


http://www.vitalrec.com


からオンラインで取得できるとあったので、チェックしてみたが、申請と一緒に結局 signed, notarized statement(公正証書。近くの銀行でも取得できるものだが、申請する人が本人であることを第三者に証明してもらう文書)が必要とあったので、面倒なのでオフィスに直接出向いた。オフィスに出向けば、その場で免許などの ID を見せ本人確認ができるため、notarized statement はいらない。三年前、一人目の子供のときにはそんなものは必要なく、フォームを郵送しただけで確か取得できたはずなのだが、法律が変わって必要になったらしい。第三者が勝手に Birth Certificate の写しを取得するのを防ぐ目的らしい。


余談だが、http://www.vitalrec.com のサイトのあちこちに、Find lost family and friends などと謳い、氏名を入力してその人の記録を探してくれるサービスの web 広告がある。興味本位でそのうちの一つに自分の名前を入力してみたら、バッチリ探し当てられ妻の名前と年齢とともに表示されたのにはびっくりしてしまった。便利は便利だが、ここまで便利だと少し気持ちが悪い。アメリカは SSN による国民総背番号制の国だから仕方がないか。


Birth Certificate 取得では以前に痛い思いをした。一人目の子供の時の話なのだが、Certificate 自体を申請するときにサインはいつものように漢字でおこなった。僕はそれまでアメリカの全ての書類・クレジットカード・免許などには漢字のサインで通してきた。それが僕の名前だし、一番書きやすいし、簡単に真似されないからだ。それで困ったことは一度もなかったのだが、この Birth Certificate に関しては、サインは英語でしろなどど言われ、申請後約一ヶ月して拒否されてしまったのだ。サインに英語も日本語もないだろう、と反論するもののらちがあかず、アホな担当者に当たってしまったとあきらめ申請し直した。


この記憶が鮮明に残っていたので、今回はローマ字で申請し、そして今日行ったオフィスでもコピーの取得申請のフォームには慣れない筆記体でゆっくりサイン(こんなのサインと言えるのだろうか)していたら、照合用のIDである免許には漢字でサインしてあったため、「サインが違うじゃないか」と言われてしまった。「まずい、またトラブった」と思ったが、一人目のときに漢字で却下されてしまった話を説明し、フォームにはローマ字と漢字の両方でサインして見せたら納得してくれた。郵送などでなく直接出向いていたのが良かった。


サインはやはりローマ字がいいのだろうか?いずれにしても統一することが肝心。そして今日の教訓は、現場に出向くのが一番安全、トラブったとしても解決しやすいということ。



Ferry Building Marketplace


サンフランシスコベイエリア在住5年目、もうほとんどサンフランシスコの名所という名所は行きつくしたと思っていたのだが、今日行った Ferry Building Marketplace は初めての場所、そしてなかなかのお勧め。


Ferry Building Marketplace


http://www.ferrybuildingmarketplace.com/


普段どちらかというとショッピングが苦手な僕でもなんだか楽しい気分にさせる雰囲気があった。大企業が一人勝ちになる傾向が強いアメリカでは、どこにいっても並んでいるお店が同じ、そして同じチェーンのお店に入ると並んでいる品物がほとんど同じなので、始めは物珍しくても1年2年も生活していると飽きてくる。でもここに並んでいるお店は一風違う。そして品物のディスプレイがアメリカらしく大味ではなく、小奇麗なので日本人好みと言える。なんとなくヨーロッパと似た雰囲気。「サンフランシスコの名所を一通りまわってもう行く所がないよ」という人にはお勧めだ。



おそらく最も簡単にチャットがおこなえる方法


Chatango


(http://www.100shiki.com/archives/000126.html より)


「コロンブスの卵」的なシステム。どうして今までなかったのだろう?という感じです。すばらしい。日本語もちゃんと使えるところも良い。


僕に話しかけるにはjishiha dot chatango dot com、あるいはこのページの左上のChatボタンを押してみてください。


念のため、スパムよけの表記にしてみたが、いずれスパムメールならぬスパムチャットが来るのも時間の問題なのだろうか。



「日本のテレビ番組をアメリカで見る」サービスピンチ


http://d.hatena.ne.jp/jishiha/20040122#p1


でも書いた「日本のテレビ番組をアメリカで見る」サービスがピンチのようだ。



昨年、"日本のテレビ番組をアメリカで見る" で紹介した、日本語 tv がサービスを停止するようだ。


2ちゃんねる の北米海外生活板にあったスレッドで、日本語 tv が顧客に送ったアナウンスの内容が転載されていた。 これによると直接の原因は著作権ではなく、放映権の問題らしい。思わぬところから横槍が入ったという感じだ。



http://andore.com/inami/mtarchives/001447.html より


こういった新しい形のサービスに合わせるようにして法律を少しずつ変えていくということはできないものなのかなあ、と思ってしまう。


アメリカで放送されている NHK ニュースなどでスポーツ中継の肝心なシーンが放映権の関係でテロップ付きの真っ黒な画面になってしまうのは本当に腹立たしい。


話は少し違うが、


BBC、テレビ番組のアーカイブをネットで公開へ--クリエイティブ・コモンズを採用


といった話があるようだが、NHK とかも真似しないのかなあ。しないだろうなあ。



***.dll が見つかりません


というエラーが出たら、


http://www.dll-files.com


で見つかるかもしれない。このサイトの合法性に関しては僕にはよくわからないが、非常に便利であることは確か。サイトの注意事項にもある通り、ウィルスチェックなど、自己責任でどうぞ。



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Scratchで楽しく学ぶ アート&サイエンスRaspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Email: webmaster at champierre dot com

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ