僕は発展途上技術者

コマ蔵のMacユーザー増殖中(?)


コマ蔵プロジェクトの統計ページをチェックしたら、1日のダウンロード数が初めて2桁になっていた。


おそらく id:amatubu さんが mac 用インストーラーを作ってくださり、新しもの好きのダウンロード ~Mac用フリーソフト新着情報~で紹介されたからに違いない。


フォト蔵は写真の共有ページなので、コンピューターを使って写真や音楽を楽しもうっていう方が多いはずの Mac ユーザーとは相性がいいのかもしれない。


コマ蔵・フォト蔵のMacユーザーが少しずつ増殖しているのかもしれない。id:amatubu さんに感謝!!


現在、コマ蔵はアルバム名や公開グループをインタラクティブに指定できるような作りに改良中。明日は健康診断で寝不足で行くわけにはいかないので、0.3 リリースは今週末頃になります。


コマ蔵に関する質問、ご要望は Google グループ komazou、または mixi ユーザーなら コマ蔵質問箱 まで。



ゲームが教育に役立つ?



日本のゲーム市場はここ5年横ばいで、今後も伸びる可能性は殆どないそうだが、これまでに培った開発スキルを生かして、真剣な教材が作れるかも。


MITは全カリキュラムをオンラインで公開して話題を呼んだが、高等教育をさらに高度にするのはアメリカに任せておいて、日本は、得意とする「普通の人の底上げ的教育」で世界に打って出られるのでは。既に塾の「公文」はアメリカや東南アジアでもかなり流行っている模様。(我が家の近くにもあるし、ハワイの姪も5歳の頃から通っている)。



http://www.chikawatanabe.com/blog/2005/04/post_9.html より


得意な部分を組み合わせて新しいことを生み出せってことで、非常に面白い考え方だと思う。



英語ヒアリング練習サイト Listen-IT


英語ヒアリング練習サイト Listen-IT


自分が入る会社の社長が作ったものを取り上げ、ほめるということはなんだか具合が悪いことかな?でも、まだ入社前だし、実際にコンテンツをつくってるのはいつも blog を拝見させていただいている渡辺千賀さんのようだし、実際に自分で使ってみてこれはすごく面白い、と素直に思ったので臆さず紹介してみました。


文字数がヒントとして与えられているのが絶妙。Movable Type を使ったサイト、こういったインタラクティブなコンテンツを提供しているのが斬新だと思った。


タイプが追いつかず、1回では全部穴埋めできなかったけど、意地になって3回くらい問題文を繰り返し聞き、穴を全部埋めて、いざアンサーチェック。100点出して、妻に自慢してました。


IQサプリ系の番組が好きな僕は、こういう穴埋め式、とても燃えます。100点出たら「大変良くできました」ってハンコがどーんと表示されると大変うれしいな、なんて思ったんですが、千賀さん、進太郎さん、どうでしょう?



ゾマホンのほん



ゾマホンのほん



ゾマホンのほん





僕は「ここが変だよ日本人」という番組は、放送された期間ずっとアメリカにいたので見ていない。だからこのゾマホンさんはあまり知らないのだけれど、ベナンというアフリカの小国から来た外国人が日本語を巧みに操り、日本をこよなく愛していて、「日本の文化はすばらしい」ともちあげるあたりが日本人には心地よく聞こえて人気があったのでしょう。


考え方が極端に古過ぎて一部共感できない部分もあったが、教育を非常に重視していて、将来は祖国に学校を建てるという夢に向かって実際に行動を起こしているという点は素晴らしいと思う。


僕も子供が大きくなるにつれて、「人に教えること」と「教育」はとても重視しなくてはいけないものだと感じてきている。何か将来はそういった方面で貢献したい、と思うので、身近なことからでも何か行動を起こさなくてはいけないな。



Utada Devil Inside


宇多田ヒカル、iTunesでアメリカデビュー


(ネタフル http://netafull.net より)


iTunes より宇多田ヒカルの Devil Inside をダウンロードしてみた。iTunes での購入初体験だったが、1曲99セントという安さに加え iTunes のユーザーインターフェースが秀逸なため、これなら何度も利用してみようという気になる。利用がアメリカ在住者に限るということなので、ちょっと優越感に浸る。早く日本でも iTunes が利用できるようになって日本の曲がダウンロードできるようになるとうれしい。


ちなみに曲に対する個人的な感想は、琴の音(だと思う)が印象的だが、なんだか単調でちょっとつまらないなという感じ。この曲を全米リリース第一弾にしたことに疑問を感じるが、さて果たしてヒットするのだろうか。



VoiceXML


amazon でこの本を購入


Voicexml: 10 Projects to Voice Enable Your Web Site (Gearhead Press Point-To-Point) を読んで、VoiceXML で遊んでいる。本の中で紹介されている http://cafe.bevocal.com/ では無料で自分の VoiceXML アプリケーションを作ることができる。日本だとVoizi Lab! といったサイトで開発できるようだ。


VoiceXML は、HTML と同じように簡単に書けるタグ形式の言語。この VoiceXML を使うと電話を入力そして出力手段とするアプリケーションを簡単に作ることができる。


例えば、Hello World と書いた HTML ファイルをサーバーに置くと、それにアクセスしたブラウザ上には Hello World が出力される。これと同等のことが VoiceXML の世界ではどうなるかというと、Hello World と書いた VoiceXML ファイルをサーバーに置き、これにアクセスするためのフリーダイアルに電話をかけると、Text to Speech と呼ばれるテキスト読み上げエンジンが 「Hello World」と読み上げてくれるのだ。それだけではない。ブラウザ上に表示されたフォームに何かを入力する、ということが VoiceXML の世界では、電話口で言った言葉を音声認識でアプリケーションの入力として認識する、ということに置き換わる。つまり電話がブラウザの代わりとなるのだ。


これってすごい!!例えば、電話口で発声した英単語を認識し、これを入力として、辞書サイトを検索、結果を読み上げるというような電話辞書アプリケーションがいとも簡単に作れるじゃないか、と一人興奮していた。けれども、Google で VoiceXML をキーワードにして日本語のページを検索しても、blog サイトや情報サイトが思ったほどヒットせず、世の中の反応はいまいちのよう。なんでだろう?日本の携帯電話にはインターネット接続機能があたりまえのように付いているから、英単語を調べるという作業は、何も音声認識にしなくても、直接辞書サイトに行って検索するという使い方で充分可能だからなのだろうか。



ピロピロ、ピロリ菌


高校生か大学生の頃からだろうか、だいたいひと月かふた月に一度くらい胃痛に悩まされてきたのだが、このところほとんど毎日、ちょっと気になるなという程度の軽い胃の痛みを感じていたので主治医(アメリカは主治医制度で、どんな病気でもまず主治医に相談する)に診てもらったところ、血液検査をして胃にピロリ菌がいることがわかった。


健康な胃をとりもどそう-ピロリ菌の除菌のすすめ-によると、



ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の中に生息している細菌で、1982年オーストラリアで発見されました。ヒトからヒトへの感染で、現在では消化性潰瘍に大きな影響をあたえていると言われています。




日本におけるピロリ菌の感染者は、全人口の約50%、約6000万人と推定されており、欧米の約2~3倍の感染率になります。ピロリ菌の感染率は衛生環境と相関があると指摘され、50歳以上の日本人の70~80%が感染しているといわれていますが、20歳以下の若年者では、感染率は20%以下です。



なのだそうだ。そしてなんと、



少し前の医学書には慢性胃炎は原因不明と書いてあります


比較的最近、慢性胃炎の原因が解明されました。


それは・・・


ストレスでもお酒の飲みすぎでもなく


・・・・なんとピロリ菌という細菌の持続感染だったのです。



(ピロリ菌・慢性胃炎・胃潰瘍・胃癌の総合サイトより)


胃の痛みはストレスや食べ過ぎのせいと言われ、治ることはないとあきらめていたけれど、ピロリ菌を除菌することで、高い確率で、もう二度と胃の痛みに悩まされることがなくなるらしい。除菌は1週間ほど抗生物質を服用することでできるのだそうだ。


今後、主治医と良く相談して除菌するかどうか決めたいが、もう胃の痛みに悩まなくても済むというのは、同じ悩みを持つ人ならわかると思うが、大げさでなくものすごく明るい未来に思える。



2004-08-02


なんだかしばらく更新しなかったが、その間起こったことでいくつか書き留めておきたいことがあるので、短くでも書き並べてみようと思う。



GPS って楽しいのかも


GPSで宝探し、時空間写真アーカイブ


日本には GPS 機能付きの携帯なんてのがあるんだ。GPS にちょっと惹かれる。



Knoppix でバックアップ用ファイルサーバー


きっかけは CostcoMaxtor OneTouch という、ボタン一つ押すだけで大切なファイルのバックアップが取れる外付けハードディスクを見かけ欲しくなってしまったこと。


しかしまさに買おうと思った次の瞬間思い直し、自宅で眠っていた旧いノートパソコンを代わりに使い、Knoppix でバックアップ用ファイルサーバーを構築することを考え付いた。


Knoppix でバックアップ用ファイルサーバー



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ