僕は発展途上技術者

ウィンドトーカーズ



3/10


ハリウッドが描く定型的なうそっぽい日本人に辟易。誰かアメリカに留学している日本人の学生を一人でもいいからバイトにでも雇い、日本語の台詞のチェックなどの監修をさせればいいのにと思う。僕が観たことあるジョンウー作品の中で最もいただけない。



ゾマホンのほん



ゾマホンのほん



ゾマホンのほん





僕は「ここが変だよ日本人」という番組は、放送された期間ずっとアメリカにいたので見ていない。だからこのゾマホンさんはあまり知らないのだけれど、ベナンというアフリカの小国から来た外国人が日本語を巧みに操り、日本をこよなく愛していて、「日本の文化はすばらしい」ともちあげるあたりが日本人には心地よく聞こえて人気があったのでしょう。


考え方が極端に古過ぎて一部共感できない部分もあったが、教育を非常に重視していて、将来は祖国に学校を建てるという夢に向かって実際に行動を起こしているという点は素晴らしいと思う。


僕も子供が大きくなるにつれて、「人に教えること」と「教育」はとても重視しなくてはいけないものだと感じてきている。何か将来はそういった方面で貢献したい、と思うので、身近なことからでも何か行動を起こさなくてはいけないな。



英語ヒアリング練習サイト Listen-IT


英語ヒアリング練習サイト Listen-IT


自分が入る会社の社長が作ったものを取り上げ、ほめるということはなんだか具合が悪いことかな?でも、まだ入社前だし、実際にコンテンツをつくってるのはいつも blog を拝見させていただいている渡辺千賀さんのようだし、実際に自分で使ってみてこれはすごく面白い、と素直に思ったので臆さず紹介してみました。


文字数がヒントとして与えられているのが絶妙。Movable Type を使ったサイト、こういったインタラクティブなコンテンツを提供しているのが斬新だと思った。


タイプが追いつかず、1回では全部穴埋めできなかったけど、意地になって3回くらい問題文を繰り返し聞き、穴を全部埋めて、いざアンサーチェック。100点出して、妻に自慢してました。


IQサプリ系の番組が好きな僕は、こういう穴埋め式、とても燃えます。100点出たら「大変良くできました」ってハンコがどーんと表示されると大変うれしいな、なんて思ったんですが、千賀さん、進太郎さん、どうでしょう?



ゲームが教育に役立つ?



日本のゲーム市場はここ5年横ばいで、今後も伸びる可能性は殆どないそうだが、これまでに培った開発スキルを生かして、真剣な教材が作れるかも。


MITは全カリキュラムをオンラインで公開して話題を呼んだが、高等教育をさらに高度にするのはアメリカに任せておいて、日本は、得意とする「普通の人の底上げ的教育」で世界に打って出られるのでは。既に塾の「公文」はアメリカや東南アジアでもかなり流行っている模様。(我が家の近くにもあるし、ハワイの姪も5歳の頃から通っている)。



http://www.chikawatanabe.com/blog/2005/04/post_9.html より


得意な部分を組み合わせて新しいことを生み出せってことで、非常に面白い考え方だと思う。



コマ蔵のMacユーザー増殖中(?)


コマ蔵プロジェクトの統計ページをチェックしたら、1日のダウンロード数が初めて2桁になっていた。


おそらく id:amatubu さんが mac 用インストーラーを作ってくださり、新しもの好きのダウンロード ~Mac用フリーソフト新着情報~で紹介されたからに違いない。


フォト蔵は写真の共有ページなので、コンピューターを使って写真や音楽を楽しもうっていう方が多いはずの Mac ユーザーとは相性がいいのかもしれない。


コマ蔵・フォト蔵のMacユーザーが少しずつ増殖しているのかもしれない。id:amatubu さんに感謝!!


現在、コマ蔵はアルバム名や公開グループをインタラクティブに指定できるような作りに改良中。明日は健康診断で寝不足で行くわけにはいかないので、0.3 リリースは今週末頃になります。


コマ蔵に関する質問、ご要望は Google グループ komazou、または mixi ユーザーなら コマ蔵質問箱 まで。



Ajax


Ajax のことを調べていたら面白いページがざくざく出てくるので、メモしました。Ajax については、Ajax <-- ここがはてなキーワードへのリンクになっているはずなので、そちらを参照してください。








Ajax とは関係ないんだけれども、以下は、調べている途中で気になったツール類。




CVSの基礎練習


http://www.hyuki.com/techinfo/cvsinit.html


sourceforge の cvs ってこれまで全然使いこなしていない。この文書をもとに練習して、コマ蔵プロジェクトでは cvs を使ってバージョン管理してみようと思う。



サインはローマ字?漢字? Birth Certificate の話


海外在住日記:二人目の子供が先月産まれた。アメリカで産まれた子供は自動的にアメリカ国籍を取得する。同時に日本人の子供として産まれたわけだから日本国籍も取得できる。日本国籍の申請のためには、アメリカの出生証明書 Bith Certificate が必要となるので、その写し(Certified Copy)を今日取りに行った。


友人 id:Tom日記に、


http://www.vitalrec.com


からオンラインで取得できるとあったので、チェックしてみたが、申請と一緒に結局 signed, notarized statement(公正証書。近くの銀行でも取得できるものだが、申請する人が本人であることを第三者に証明してもらう文書)が必要とあったので、面倒なのでオフィスに直接出向いた。オフィスに出向けば、その場で免許などの ID を見せ本人確認ができるため、notarized statement はいらない。三年前、一人目の子供のときにはそんなものは必要なく、フォームを郵送しただけで確か取得できたはずなのだが、法律が変わって必要になったらしい。第三者が勝手に Birth Certificate の写しを取得するのを防ぐ目的らしい。


余談だが、http://www.vitalrec.com のサイトのあちこちに、Find lost family and friends などと謳い、氏名を入力してその人の記録を探してくれるサービスの web 広告がある。興味本位でそのうちの一つに自分の名前を入力してみたら、バッチリ探し当てられ妻の名前と年齢とともに表示されたのにはびっくりしてしまった。便利は便利だが、ここまで便利だと少し気持ちが悪い。アメリカは SSN による国民総背番号制の国だから仕方がないか。


Birth Certificate 取得では以前に痛い思いをした。一人目の子供の時の話なのだが、Certificate 自体を申請するときにサインはいつものように漢字でおこなった。僕はそれまでアメリカの全ての書類・クレジットカード・免許などには漢字のサインで通してきた。それが僕の名前だし、一番書きやすいし、簡単に真似されないからだ。それで困ったことは一度もなかったのだが、この Birth Certificate に関しては、サインは英語でしろなどど言われ、申請後約一ヶ月して拒否されてしまったのだ。サインに英語も日本語もないだろう、と反論するもののらちがあかず、アホな担当者に当たってしまったとあきらめ申請し直した。


この記憶が鮮明に残っていたので、今回はローマ字で申請し、そして今日行ったオフィスでもコピーの取得申請のフォームには慣れない筆記体でゆっくりサイン(こんなのサインと言えるのだろうか)していたら、照合用のIDである免許には漢字でサインしてあったため、「サインが違うじゃないか」と言われてしまった。「まずい、またトラブった」と思ったが、一人目のときに漢字で却下されてしまった話を説明し、フォームにはローマ字と漢字の両方でサインして見せたら納得してくれた。郵送などでなく直接出向いていたのが良かった。


サインはやはりローマ字がいいのだろうか?いずれにしても統一することが肝心。そして今日の教訓は、現場に出向くのが一番安全、トラブったとしても解決しやすいということ。



Ferry Building Marketplace


サンフランシスコベイエリア在住5年目、もうほとんどサンフランシスコの名所という名所は行きつくしたと思っていたのだが、今日行った Ferry Building Marketplace は初めての場所、そしてなかなかのお勧め。


Ferry Building Marketplace


http://www.ferrybuildingmarketplace.com/


普段どちらかというとショッピングが苦手な僕でもなんだか楽しい気分にさせる雰囲気があった。大企業が一人勝ちになる傾向が強いアメリカでは、どこにいっても並んでいるお店が同じ、そして同じチェーンのお店に入ると並んでいる品物がほとんど同じなので、始めは物珍しくても1年2年も生活していると飽きてくる。でもここに並んでいるお店は一風違う。そして品物のディスプレイがアメリカらしく大味ではなく、小奇麗なので日本人好みと言える。なんとなくヨーロッパと似た雰囲気。「サンフランシスコの名所を一通りまわってもう行く所がないよ」という人にはお勧めだ。



きぃなび


GMail のように Web サイト上でショートカットを使えるようにするにはどうすればよいのだろう、と思って調べていたら、素晴らしいサイト・ツールを発見。


きぃなび


JavaScript ファイルをダウンロードし、HTML ファイルの <body> タグ内のどこかにスクリプトの指定を1行追加するだけで、例えば、[sH] と記述したリンクには Shift + H というショートカットが割り当てられるという具合。非常に手軽で強力。


ページが [ と ] のキー操作で拡・縮小ができるというらくなびも目を見張るものがある。


こうしたツールを使わずショートカットを一から実装するにはこちらが参考になる。



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ