僕は発展途上技術者

ピロピロ、ピロリ菌


高校生か大学生の頃からだろうか、だいたいひと月かふた月に一度くらい胃痛に悩まされてきたのだが、このところほとんど毎日、ちょっと気になるなという程度の軽い胃の痛みを感じていたので主治医(アメリカは主治医制度で、どんな病気でもまず主治医に相談する)に診てもらったところ、血液検査をして胃にピロリ菌がいることがわかった。


健康な胃をとりもどそう-ピロリ菌の除菌のすすめ-によると、



ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の中に生息している細菌で、1982年オーストラリアで発見されました。ヒトからヒトへの感染で、現在では消化性潰瘍に大きな影響をあたえていると言われています。




日本におけるピロリ菌の感染者は、全人口の約50%、約6000万人と推定されており、欧米の約2~3倍の感染率になります。ピロリ菌の感染率は衛生環境と相関があると指摘され、50歳以上の日本人の70~80%が感染しているといわれていますが、20歳以下の若年者では、感染率は20%以下です。



なのだそうだ。そしてなんと、



少し前の医学書には慢性胃炎は原因不明と書いてあります


比較的最近、慢性胃炎の原因が解明されました。


それは・・・


ストレスでもお酒の飲みすぎでもなく


・・・・なんとピロリ菌という細菌の持続感染だったのです。



(ピロリ菌・慢性胃炎・胃潰瘍・胃癌の総合サイトより)


胃の痛みはストレスや食べ過ぎのせいと言われ、治ることはないとあきらめていたけれど、ピロリ菌を除菌することで、高い確率で、もう二度と胃の痛みに悩まされることがなくなるらしい。除菌は1週間ほど抗生物質を服用することでできるのだそうだ。


今後、主治医と良く相談して除菌するかどうか決めたいが、もう胃の痛みに悩まなくても済むというのは、同じ悩みを持つ人ならわかると思うが、大げさでなくものすごく明るい未来に思える。



VoiceXML


amazon でこの本を購入


Voicexml: 10 Projects to Voice Enable Your Web Site (Gearhead Press Point-To-Point) を読んで、VoiceXML で遊んでいる。本の中で紹介されている http://cafe.bevocal.com/ では無料で自分の VoiceXML アプリケーションを作ることができる。日本だとVoizi Lab! といったサイトで開発できるようだ。


VoiceXML は、HTML と同じように簡単に書けるタグ形式の言語。この VoiceXML を使うと電話を入力そして出力手段とするアプリケーションを簡単に作ることができる。


例えば、Hello World と書いた HTML ファイルをサーバーに置くと、それにアクセスしたブラウザ上には Hello World が出力される。これと同等のことが VoiceXML の世界ではどうなるかというと、Hello World と書いた VoiceXML ファイルをサーバーに置き、これにアクセスするためのフリーダイアルに電話をかけると、Text to Speech と呼ばれるテキスト読み上げエンジンが 「Hello World」と読み上げてくれるのだ。それだけではない。ブラウザ上に表示されたフォームに何かを入力する、ということが VoiceXML の世界では、電話口で言った言葉を音声認識でアプリケーションの入力として認識する、ということに置き換わる。つまり電話がブラウザの代わりとなるのだ。


これってすごい!!例えば、電話口で発声した英単語を認識し、これを入力として、辞書サイトを検索、結果を読み上げるというような電話辞書アプリケーションがいとも簡単に作れるじゃないか、と一人興奮していた。けれども、Google で VoiceXML をキーワードにして日本語のページを検索しても、blog サイトや情報サイトが思ったほどヒットせず、世の中の反応はいまいちのよう。なんでだろう?日本の携帯電話にはインターネット接続機能があたりまえのように付いているから、英単語を調べるという作業は、何も音声認識にしなくても、直接辞書サイトに行って検索するという使い方で充分可能だからなのだろうか。



2004-08-02


なんだかしばらく更新しなかったが、その間起こったことでいくつか書き留めておきたいことがあるので、短くでも書き並べてみようと思う。



GPS って楽しいのかも


GPSで宝探し、時空間写真アーカイブ


日本には GPS 機能付きの携帯なんてのがあるんだ。GPS にちょっと惹かれる。



Knoppix でバックアップ用ファイルサーバー


きっかけは CostcoMaxtor OneTouch という、ボタン一つ押すだけで大切なファイルのバックアップが取れる外付けハードディスクを見かけ欲しくなってしまったこと。


しかしまさに買おうと思った次の瞬間思い直し、自宅で眠っていた旧いノートパソコンを代わりに使い、Knoppix でバックアップ用ファイルサーバーを構築することを考え付いた。


Knoppix でバックアップ用ファイルサーバー



LR,HLD


橋本大也氏のPassion For The Futureで時折紹介されるソフトウェアには優れものが多い。


今日、これは優れものだと思ったのは、日本語入力を効率化するツールを3本で紹介されていたLR,HLD。日本語入力モードのときには、カーソルが赤くなるというもの。たったこれだけで、とても入力効率が向上しそうだ。



「ハッカーへの道」近日再開


管理人の otsune さんは、僕が発行していて今ちょっと放置しているメールマガジンハッカーへの道を読んでくれていたそうで、「再開してください」といううれしいエールをもらった。


というわけで、背中を押され、近いうちハッカーへの道を再開しようと思う。今までとはちょっと違う形を考えているので乞うご期待。


それにしても http://www.chatango.com すばらしい。僕に話し掛けるには、http://jishiha.chatango.com です、とちょっとしつこく宣伝。



初 chatango


一度 id:amatubu さんに話し掛けられたがすれ違いに終わった chatango、上記の「ジブリの仕事のやりかた」が紹介されていたvoid GraphicWizardsLair( void );にも chatango のボタンがあったので、今度はこちらから話かけてみたら、返事が返ってきた。



ジブリの仕事のやりかた


ほぼ日刊イトイ新聞 - ジブリの仕事のやりかた。


(void GraphicWizardsLair( void );より)


日本人は細部にこだわる、という点、納得です。今日領事館に行って、二人目の子供の日本側の出生届を出しにいったら、係の人に「本籍のここの部分(○丁目の後の部分)、○番かそれとも○番地か正確にお願いします」と言われた。約4年半のアメリカ生活で、アメリカ人化した僕の一部分は、「そんなのどっちだっていいだろう」と叫んでいた。


けれども、まだ残っている僕の日本人の部分のおかげで、けっこう大雑把な僕でも、会社ではソフトウェアをテストしバグを指摘する Quality Assurance という仕事でまあまあ重宝されている。「会社の中ではお前が The Best of QA(Quality Assurance) Engineer だ」と言われたこともあるが、内心では「日本にいる日本人はもっと細かいけどね」と思っていた。



雑に言ってしまえば、


日本人は部分から全体にいき、


西洋人は全体から部分にくる、


という……たしかに、


宮崎駿が作った美術館の設計もそうです。



この部分も納得。アメリカ人は特にコンセプトだとかプランだとかを作るのが本当にうまい。そこで、僕が一緒に働いたことのある人達を思い浮かべながら、最高のソフトウェア開発チームを考えてみた。



  • コンセプト作りや仕様の作成 - こういうことが大得意なアメリカ人。

  • ソフトウェアのエンジン部分のデザイン - 理論派、数学が得意なロシア人。数学オリンピックでは常に上位。空き時間にやるPCのゲームはチェス。昼休みも食堂でリアルチェス。

  • GUIのデザイン - アートなフランス人。例えばAWStatsの開発者はフランス人。

  • 実際のプログラミング - インド人。安いし速い。

  • Quality Assurance(品質管理、ソフトウェアのテスト)- 間違いなくどこの国の人よりもバグを多く発見してくれる細かな日本人。


ところで、



宮崎駿が作った美術館の設計もそうです。


あれもいろいろな部屋があるんですが、


彼が最初に作ったのは


「少年の部屋」というところなんです。


「この部屋には、部屋にいっぱい絵を貼ろう」


と、そこだけを作ってしまうんですね。


全体のことは何も考えていないし、


できあがったら、じゃあ次は


どういう部屋にしようと、どんどん次に行く……。



という部分で、San Jose にあるWinchester Mistery Houseを思い出した。ライフルで有名な Winchester 氏に先立たれた未亡人が呪いをはらうために自分の家を死ぬまで増築し続けたという、部屋の数が160にもなる摩訶不思議なヴィクトリア様式のお屋敷だ。妻の評価はいまいちだったのだが、僕はなぜか結構気に入って今でも印象に残っている。



***.dll が見つかりません


というエラーが出たら、


http://www.dll-files.com


で見つかるかもしれない。このサイトの合法性に関しては僕にはよくわからないが、非常に便利であることは確か。サイトの注意事項にもある通り、ウィルスチェックなど、自己責任でどうぞ。



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ