僕は発展途上技術者

英語ヒアリング練習サイト Listen-IT


英語ヒアリング練習サイト Listen-IT


自分が入る会社の社長が作ったものを取り上げ、ほめるということはなんだか具合が悪いことかな?でも、まだ入社前だし、実際にコンテンツをつくってるのはいつも blog を拝見させていただいている渡辺千賀さんのようだし、実際に自分で使ってみてこれはすごく面白い、と素直に思ったので臆さず紹介してみました。


文字数がヒントとして与えられているのが絶妙。Movable Type を使ったサイト、こういったインタラクティブなコンテンツを提供しているのが斬新だと思った。


タイプが追いつかず、1回では全部穴埋めできなかったけど、意地になって3回くらい問題文を繰り返し聞き、穴を全部埋めて、いざアンサーチェック。100点出して、妻に自慢してました。


IQサプリ系の番組が好きな僕は、こういう穴埋め式、とても燃えます。100点出たら「大変良くできました」ってハンコがどーんと表示されると大変うれしいな、なんて思ったんですが、千賀さん、進太郎さん、どうでしょう?



ゾマホンのほん



ゾマホンのほん



ゾマホンのほん





僕は「ここが変だよ日本人」という番組は、放送された期間ずっとアメリカにいたので見ていない。だからこのゾマホンさんはあまり知らないのだけれど、ベナンというアフリカの小国から来た外国人が日本語を巧みに操り、日本をこよなく愛していて、「日本の文化はすばらしい」ともちあげるあたりが日本人には心地よく聞こえて人気があったのでしょう。


考え方が極端に古過ぎて一部共感できない部分もあったが、教育を非常に重視していて、将来は祖国に学校を建てるという夢に向かって実際に行動を起こしているという点は素晴らしいと思う。


僕も子供が大きくなるにつれて、「人に教えること」と「教育」はとても重視しなくてはいけないものだと感じてきている。何か将来はそういった方面で貢献したい、と思うので、身近なことからでも何か行動を起こさなくてはいけないな。



OSを入れた後にインストールする10のアプリケーション


最近自宅のノートパソコン WinXP マシンの調子が悪くなっていたので OS を再インストールした。アメリカでがんばりましょうで以前見かけたOSを入れた後にインストールする10のアプリケーションという記事が面白いと思っていたのだが、いよいよ僕も紹介できる機会にめぐまれたので、さっそく10個挙げてみよう。



  1. AVG Anti-Virus Free Edition アンチウイルスソフト

  2. ZoneAlarm ファイアーウォール

  3. Lhasa LHA 解凍ツール

  4. pochy メーラー

  5. POPFile スパムフィルター

  6. extedit IE外部エディタ連携ソフト

  7. ActivePerl 開発言語

  8. Python 開発言語

  9. Cygwin Windows で動く Unix 環境

  10. FFFTP FTP クライアント


次点



  • Apache web サーバー

  • WinSCP ファイル転送プログラム

  • TortoiseCVS CVS クライアント

  • RealSync フォルダ同期、バックアップツール


1、2 は自分のマシンを守るため、防御用のツール。3 は説明はいらないだろう。4 の pochy もウィルスの格好の標的となる Outlook Express の代わりに使うのだから、一種の防御と言えるが、5 の POPFile との連携が容易なので気に入っている。


POPFile はスパムから身を守るための最大の防御ツール。メールアドレスをさらしてしまっているので、やってくるメールの半分くらいがスパム。これなしでは生きていけない。


extedit はこのはてなを書くには欠かせない。また自分のサイトは Wiki にしているし、POPFile 日本語化プロジェクトをすすめている http://www.sourceforge.jp のフォーラムの投稿は Web から、というように Web 上のテキストエリアに入力する機会が多くなったので、このツールは手放せない。最近、作者の ishinao さん自ら AreaEditor への乗換えを勧めているようだが、AreaEditor の方では修正されているブラウザのロックの問題はあまり気にならないので extedit を使い続けている。


7、8、9 はデジカメの写真をメモリースティックからパソコンにコピーしたり、ホームページにアップロードするために自分で作ったスクリプトを動かすのに必要だから。


10 はファイルを自分のホームページに転送するためだ。


次点に挙げた Apache は CGI の動作確認用。WinSCP と TortoiseCVS は POPFile 日本語化のため。WinSCP は http://popfile.sourceforge.jp にファイルをアップロードするため、TortoiseCVS は POPFile 本家から開発途中の CVS バージョンを取って来るためだ。


RealSync は、これまた防御用、バックアップのためだ。Knoppix でバックアップ用ファイルサーバーでも紹介している。


こうしてみると、防御用のツールが多い。スパムやウィルス、悪意のないユーザーの対策のために時間とリソースを取られているのってなんだかなあ。



Open Source WEB


http://oss.timedia.co.jp/


スラッシュドットジャパンで紹介されていた。



このサイトは「オープンソース」と冠していますが、これは「ソフトウェア技術、知識の開かれた源」を目指すものです。タイムインターメディアの活動から実際に得られた生の知識やノウハウを公開することを中心に活動していきます。



オープンソースソフトの開発に一口噛んでいる身として、興味をひかれたが、まだまだオープンしたばかりでコンテンツがそろっていない。1ヶ月後にでもまた訪れることにしよう。



日本一わかりやすい「プロ野球1リーグ案がダメな理由」


http://www.geocities.jp/bibun_houteishiki/nabe/


(http://d.hatena.ne.jp/masah/20040804#p4)


非常にわかりやすい内容です。



球界を牛耳っている人が「特定の球団(巨人)の利害」を代表している状態じゃーどうしようもないだろーと思います。日本の首相が、ある地方の発展だけを最優先に考えているようなもんです。・・そういう国はいずれ衰退します。


そもそも、(実質)渡辺オーナーが選んだ天下り官僚がコミッショナーをやっている日本の球界って一体・・・



「日本の首相が、ある地方の発展だけを最優先に考え」るなんてことが起こったとしたら、誰もが認めないでしょう。しかしほぼ同じようなことが現実に日本のプロ野球界で起こっているなんて、どこか狂っている



Santana Row


http://www.santanarow.com/


先週末にサンノゼにある Santana Row というショッピングセンターに行ってきた。アメリカでは珍しく洒落た場所でどこかヨーロッパ風。各店舗の上階がレジデンシャルエリアになっているのもショッピングセンターでは珍しい。


id:Tom に勧められたシンガポール料理のレストラン straits が良い。メニューの普通の Steam Rice の下に書かれた $4 の Chicken Rice だったかな、それが何の変哲もないみかけなのだけれど、非常においしかった。日本人が勧めるところに間違いはないなと改めて感じた。



Disk Golf


日曜日に近くの公園を息子と一緒に散歩していたら、面白いものを見つけた。フリスビーをターゲットのバスケットに放り込みゴルフのようにして楽しむ Disk Golf だ。


http://flag.blackened.net/severino/mdg/mdg.html


お金はいっさいかからず、自分のフリスビーを持って行けば遊べるようだ。


Google で検索してみると、カリフォルニアには他にもいくつか Disk Golf 場があるようだ。


http://www.discgolfstore.com/courses/california.shtml


また PGA ならぬ、PDGA(Professional Disk Golf Association) なんてのもある。


http://www.pdga.com/



パスポート


申請していた次男のパスポートが届いた。アメリカのパスポートは郵便局で申請でき、郵送されてくる。パスポートに載る写真はデジカメで撮ったものも許可されるので、うちの次男のようにまだ産まれたばかりの赤ちゃんの場合には助かる。30枚近く撮ってそのうちの一番まともなものを採用すればよいからだ。ただし写真を撮る際の決まりごと(背景には影が映っていてはいけないだとか、顔は上から下までで○インチ以上○インチ以下でないといけないといったこと)には、いい加減なアメリカにしては珍しく結構厳しいので注意が必要。次男の場合は顔の大きさが結構大きくなってしまったのだが、ぎりぎりパス。


気が付けば、我が家には2人(長男・次男)もアメリカのパスポートを持ったアメリカ人がいる。比率にして 50%。



速度違反


運転していて速度違反でつかまってしまった。こちらで Speeding と言う。学校の前で速度制限が20マイルに設定されていたところを40マイルほどで飛ばしてしまった。アメリカ生活4年間でこれが初めて。映画やドラマのように道路端に寄せられ、警官がこちらに歩いてくるまで車の中で待っていなければならない。「あわててダッシュボードの中から保険の証明書や登録証を取ろうとしたら、何か武器を探しているのかと思われ、拳銃向けられちまうのかなあ」などと馬鹿な妄想が頭をよぎる。切符を切られ、後日裁判所から出頭の案内が送られてくるとのこと。



Utada Devil Inside


宇多田ヒカル、iTunesでアメリカデビュー


(ネタフル http://netafull.net より)


iTunes より宇多田ヒカルの Devil Inside をダウンロードしてみた。iTunes での購入初体験だったが、1曲99セントという安さに加え iTunes のユーザーインターフェースが秀逸なため、これなら何度も利用してみようという気になる。利用がアメリカ在住者に限るということなので、ちょっと優越感に浸る。早く日本でも iTunes が利用できるようになって日本の曲がダウンロードできるようになるとうれしい。


ちなみに曲に対する個人的な感想は、琴の音(だと思う)が印象的だが、なんだか単調でちょっとつまらないなという感じ。この曲を全米リリース第一弾にしたことに疑問を感じるが、さて果たしてヒットするのだろうか。



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Raspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ