僕は発展途上技術者

ハルク


点数: 2/10


びっくりするほどつまらなかった。住んでいるサンフランシスコベイエリアの景色に1点(知っている場所が映画に出てくると、「おお、知ってる、知ってる」とうれしくなるたちなので)、そしてCGに1点。ストーリーが面白くない。


昔、子供のときに見たテレビ版の「ハルク」は面白かったんだけどなあ。でもそれって子供だったからかな?



マトリックスレボリューションズ


点数: 6/10


妻と子供が日本に遊びに帰っている。アパートの管理人に「あなた、Bachelorだね」なんてニヤニヤされて言われた。Bachelor=独身あるいは学士だ。学士と一緒の綴りとは知らなかった。アメリカで生活して3年経ったけれども、まだまだ知らないことはたくさんある。


というわけで、今週は映画をすでに2本も見てしまった。昨日観に行ったのがこれ。つまらない、つまらない、という前評判をたくさん聞かされていたけれど、実際観たら、まあそれほどつまらないわけではなかった。つまらないと聞かされていると「それほどでもないじゃない」、反対にすごく面白いと聞かされていると「評判に反してつまらなかった」、と自分は思うみたいだ。


人類最後の砦、ザイオンでの戦いは映像的にただただ圧巻。あの映像を作りだすための膨大な人手と時間を考えたら、映画を違法コピーしちゃあいけないなあ、と感じました。あと、僕は映画前半のフランス人の部下達との銃撃戦が結構気に入りました。なんだかあのシーンが、ただただかっこいいアクションシーンを撮ろうという、マトリックスの原点だったような。そしてそれに続くフランス人との交渉決裂、銃を皆がお互いに向け合って双方とも動けず、という場面は「男達の挽歌」などの香港映画そのまま。かっこいいのだ。


小難しいことが色々と挿入されて、それで賛否両論だが、結局マトリックスはアクションエンターテイメント。1作目は、銃弾をスローモーションでよけるなどの斬新な映像、2作目は、カーチェイス、そして3作目は人類が操るロボットとわさわさと大量に現れる蟲みたいな機械との闘い、これらを監督は撮りたかったんだと思う。であれば、充分成功しているのではないだろうか。


帰りのフリーウェイで、車を運転しながら、「この車は自律的に人を殺したりはしない。人を殺してしまうのは僕が運転をミスしたときだけだ。今は人間と機械が平和な関係を保っている時代なんだなあ」などととりとめもない考えが頭に浮かんでいた。



Text-Image


すごいです。これ。


http://www.text-image.com


イメージファイルが簡単に色分けされた 010101 に変換できてしまう。


うーん、うまく説明できないので、サイトに飛んで見てください。



Google Alert


Google の検索結果で変わった所があるとメールでお知らせしてくれるサービス。これは便利。


http://www.googlealert.com/


日本語にも対応していて、日本語ページだけを対象にする、なんてこともできるのでうれしい。


http://www.googlealert.com/tips.php



Wikiの3D版


メモした「OOエンジニアの輪!」より。


http://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/others/OORing/interview21.html



Web 上に 3D のシーンがあって、みんなが自分の直したい所を直す。そうすると、Web に反映される。




もうひとつ、方向性としてやりたかったのは、アマチュア・レベルで CG を作りたい、興味があるって人は沢山いると思うんですよ。ただ、CG は非常に労働集約的で、マン・パワーも要るものですから、独りで作りたくっても、たかが知れてるんですね。そういう人達が Web 上で、顔を合わせたことがなくても、オープン・ソース開発みたいですね。協調してオープン・コンテンツ開発ができるベースができればいいな、と。



Wikiっていろいろなことに応用できそうだ。ソフトウェアユーザーインターフェースのリソースファイルの翻訳作業とか。



DebugMode Wink


デモやチュートリアルを手軽に作成できる Qarbon ViewletBuilder(http://www.qarbon.com/)というのがあって、これを最初に使ったときには感動した。けれども、以前は広告付きではあったがフリーで使えたのに、いつのまにか有料になってしまっていた。


そこで、似たようなツールでフリーなものはないかと探していたら、DebugMode Wink(http://www.debugmode.com/wink/)というのを見つけた。これはいい。充分実用に耐えうるデモを作ることができた。


http://popfile.sourceforge.jp にいくつかデモを作って置いてみた。



コメントスパムの対処方法


http://d.hatena.ne.jp/jishiha/20031027#p2


でコメントスパムについて触れた。


http://lunatear.net/archives/000114.html


では POPFile のようにベイジアンフィルタを使った Movable Type での対処方法が書かれていたのでメモしておく。


いつかはてな日記が汚染されたときのために。



メールマガジン「ハッカーへの道」


POPFile の日本語化を進めてきて、オープンソースプロジェクトってすごく面白いと思うので、その面白さを形にして伝えようと思い、メールマガジンを発行することにしました。


http://popfile.sourceforge.jp/hacker/index.html


ハッカーへの道 ~ 僕がオープンソースプロジェクトから学んだこと ~



このメールマガジンではPOPFile(日本語化に関する情報はここ)というオープンソースソフトウェアのプロジェクトに関わる中で僕が学んでいること、学んだこと、それからオープンソースソフトウェアの魅力を伝えていきたいと思っています。


毎週月曜日発行です。11月17日創刊予定。



略語


僕(「私」という一人称はやめました。なんか堅苦しくて)は「ファミリーマート」のことを「ファミマ」と言ったり、「東京ディズニーランド」のことを「TDL」と言うように、言葉を略して使うのが嫌いです。英語でも ASAP(As soon as possible) とかあまりメールに書いたりしません。「2チャンネル」で使われる特殊な用語も嫌い。


なぜなら、そういう言葉は、ほぼ 100% 相手に通じるというわけではないからです。そういった略語・言葉が初耳な人には、言葉の意味を聞き返すか、自分で調べる、というような新たな手間を与えます。


こうした略語を使う側は、略すことによってタイプ量・余計な説明を省くことができるのかもしれないけど、代わりに、受け取る側にもしかしたら何倍もの手間を与えているのかもしれないのです。「え、それってどういう意味?」と聞き返されたときに、「そんなことも知らないの?」という侮蔑を与える人なんて最悪。こういう、人のことを考えていなくて、閉鎖的なところが嫌なのです。


でも、これを読んで、ちょっと考え方を改めようかな、という気になりました。


http://www.jintec.com/sinbun/index.html


の「二十一世紀の読み方──二つの先例」という記事です。


携帯電話の



あの小さな画面に、自分の気持ちを表すために文字を駆使する姿は、俳句や川柳、短歌の文化に通じているように思えてなりません。メールにも言葉を略したり、絵文字を使ったりと創意工夫が見られます。ここは日本人の天才的な言葉遊びのDNAが息づいているのかもしれません。



だそうです。面白い考え方です。


好き嫌いの問題はどうしようもありません。言葉を略したり、一部の人しかわからない言葉を使う、というのはやっぱり嫌いですが、でもこういう面もあるのかもしれないということで、認めることにしましょう。



プロフィール

株式会社まちクエスト代表、つくる社LLC代表。

Scratchで楽しく学ぶ アート&サイエンスRaspberry Piではじめる どきどきプログラミングを書きました。

Amazonから図書館検索 Libron、iPhoneアプリ ひらがなゲーム かなぶん を作っています。

Email: webmaster at champierre dot com

Twitter @jishiha

最近のエントリー

アーカイブ